印籠函  

     
   「印籠」とは昔煙草入れとして帯に挟んでぶらさげていた容器である。この印籠に構造が似ているので印篭式とも呼ばれる。突き合わせのミフタに中子の函と三つの函によって構成されているのでスリーピース式とも呼ばれる。最近はミとフタの間隔を空けた印籠式も流行のようである。
参照  貼函の世界より
 

 

COPYRIGHT(C)2004-2005 TAKAHASHISHIKOU ALL RIGHTS RESERVED.